2024年06月

2024年06月20日

雨だれ〜糞と雨合羽の旋律〜

ショパン作曲「雨だれ」。



雨の日、どんよりした曇り空のせいで薄暗い部屋の中、「雨だれ」を聴きながら物思いに耽る時間が好きだ。



静かに、控えめな雨音を彩らせながら庭の草木を雨が濡らす日は、何かを考えるともなしに静寂な時間を過ごす。



アスファルトを打ち付けるような強い音を立て、絶え間なく雨が降り注ぐ日は、部屋の窓から見える「雨に濡れた世界」を観賞しながら、ふと思い出した誰かを想う。



雨音で彩られる情感的な世界に居て、私の頭の中では、あの美しいピアノの旋律を奏ながら「雨だれ」が絶えず静かに流れている。




先日の夜のことだっだ。



夕方から徐々にどんよりと表情を変え出しだ空。



夜になり、真っ暗な暗闇の空から一粒、また一粒とまるで地上に降り注ぐことを躊躇するかのようにその音色は始まった。



しばらく躊躇い続けていたその雨粒たちも、やがて六月の雨らしく絶え間ない静かな音で夜道を濡らし始めた。



雨のお陰で蒸し暑さから解放された私は、少しひんやりした部屋の中、いつものように「雨だれ」を流し始めた。



優しく、そしてどこか哀しげに始まるその曲に耳を傾けながら、椅子に座り机に頬杖をついて、六月の夜の雨音を静かに聞いていた。



ふと、ある日のセッションを思い出した。



雨の日に着る雨合羽を私に差し出した彼のことを。



そして、雨合羽を着た私を前に、彼はまるで「雨だれ」の音色のような優しい微笑みを浮かべ、たった一言「幸せです」と喜びを噛み締めるように歓喜していたことを。




42C7A0F0-A077-4F45-97B6-9EC8333C376C





雨合羽のシャリシャリと擦れる音。



https://twitter.com/sabbat227/status/1803457237970723106



同じく雨合羽に身を包んだ彼を椅子に縛り付け、私の雨合羽を彼の雨合羽に擦り付ける。


 
雨合羽が擦り合い、触れ合う音が私たちの五感を刺激し、二人を包むその空間にじっとりとまとわりつくような淫靡な雨が降り始める。



雨合羽の裏が淫らな熱気で蒸れ出した頃、私は汗に素肌を濡らし、雨合羽がべったりと身体に張り付く。




58553447-CD42-4A0F-AF02-7C78D98943D2




雨合羽越しに汗で濡れた私のお尻を見た彼の目もまた、堪えようのない羨望と激しい願望にその目を濡らしていた。



じっとりとまとわりつくような淫靡な雨はやがて激しさを増し、まるでもう二度と止むことを望まないかのように、その刹那に激しく降り注ぐ。



このセッションのクライマックス、彼は私の体内から排出されるものを自身の体内に取り込むことを望んだ。



雨合羽を着たまま、汗まみれのお尻に顔面を潰されながら、その奥から捻り出された私の淫らな糞。



幸せそうに糞を咀嚼し、その身体に取り込んでいく彼を見下ろしながら、まるで自分が雨になったかのような気分だった。



恵みの雨。



草木や大地を潤す雨のように、彼にとっての「恵み」とは、私の体内から排出される全てのもの。



実に幸せそうに「恵み」を受け止める彼のそばで私はおもむろに雨合羽を脱ぎ、汗にまみれた雨合羽の裏側に糞を塗りたくり、彼の身体を糞まみれの雨合羽で包んだ。


つい今さっきまでの私の残像と抱き合う彼。


それはそれは優しく愛おしむように糞塗れの雨合羽と抱き合う彼を見ながら、雨の降るはずのないその部屋に、雨音とあの優しくも哀しげな「雨だれ」の旋律が聞こえた気がしたのだ。



467BD296-F8B6-4E3A-8780-B42399A4F575





雨合羽の彼との記憶に浸るのをそろそろやめた時、いつしか雨は止んでいた。


ただそこには「雨だれ」が絶えず静かに流れていた。



FD2799A5-85CB-4DAC-8D8C-38BD145F0D4E



雨合羽の彼へ…貴方とのblog記事を書くのに、かなりの時間を持て余してしまいました。あの日は、とってもフェティッシュで濃厚な時間でした。今こうして貴方とのblogを書いている間も「雨だれ」を流し続けていました。貴方の元にこのblog記事が届きますように。そして、再びの再会を楽しみにお待ちしておりますね♪ありがとうございました!


roze_anri117 at 01:01|PermalinkComments(0)調教